MENU

インナーカラー 40代は痛いおばさん?上品な色とイヤリングカラーのポイント

インナーカラー 40代 は痛い

● インナーカラー 40代 痛いといわれている理由は
● インナーカラーの口コミは
● インナーカラー 40代上品でおばさんに見えないポイントは

インナーカラーやってみたいけど「おばさん」や「痛い」なんて考えている40代の女性の方は多いようです。

こちらの記事では40代のインナーカラーが「痛い」といわれる理由と「おばさん」に見えない上品な40代のインナーカラーのポイントをご紹介します。



目次

インナーカラー40代 が痛いといわれている理由は

インナーカラーは、髪の内側に表面とは違う色を入れるデザインカラーのことです。

10代・20代を中心に人気で、スタイリングのアクセントになり、簡単にこなれ感を演出できます。

しかし40代の女性には、ハードルが高く「おばさん」「痛い」といった意見も。

その理由は、次の3つです。

● 色が派手すぎる
● 染めすぎ
● 髪がパサパサ

インナーカラー40代痛い理由①色が派手すぎる

インナーカラーは好きな色を楽しめるのが魅力。

とはいえ40代が派手すぎる色を入れると、若作り感がでて痛い、と思われるかもしれません。

特にピンク系は10代・20代の若い人のイメージが強いので、大人にはむずかしいカラー。

人気のグレージュは白髪に見える、といった声も。

大人の女性には、落ち着きのある色がおすすめです。

インナーカラー40代痛い理由②染めすぎ

インナーカラーは内側だけ染めるので、思い切って広範囲を染めがち。

ところが染める範囲が広すぎると、派手になり、痛く見える原因になります。

美容師さんに相談しながら、決められるといいですね。

たとえば、髪を下ろしたときや、結んだときの見え方なども意識すると◎。

もし失敗しても狭い範囲なら、隠しておけば大丈夫!

大人のインナーカラーはチラッと見えるくらいが調度いいです。

インナーカラー40代痛い理由③髪がパサパサ

インナーカラーが原因で、髪がパサパサになっていると、老け見え一直線。

というのもインナーカラーはブリーチしてから染めるため、髪へダメージがかかります。

髪が傷んでいては、せっかくのオシャレも台無し……。

カラーも大事ですが、キレイな髪の方がより魅力的に見えるはずです。

おばさん見えさせないためにも、トリートメントなどでしっかりヘアケアしたいですね。

40代のインナーカラー口コミってどう

40代のインナーカラーが痛いと言われるのは、色が派手すぎたり、ヘアケア不足などが原因でした。

とはいえ、実際にどう思われているのかも気になるところ。

そこでSNSでの口コミを調べてみました。

まずは悪い口コミから見ていきましょう。

40代インナーカラー痛い・おばさんに見える(悪い口コミ)>

「インナーカラー入れたらどう思う?」と旦那さんに相談したところ、引かれてしまったとのこと。

もし悩んでいるのなら、家族や友達に一度、聞いてみるのもアリかもしれないですね。

黒髪に赤系のインナーカラーはきつい、といった厳し目な意見もありました。

やはり派手すぎる色はハードル高めなようですね。

外側の髪色とのバランスも考えて、インナーカラーの色選びは慎重に。

インナーカラー = おばさんのイメージになっているようです。

若い子の間では、もうトレンドではないのかもしれません。

だとしたら、流行りが過ぎる前にやっておかないと損ですよね。

40代インナーカラーの良い口コミ

不安だったけどインナーカラーやってみた、といった方もいました。

良い気分転換になったそうです。

自分が納得できることが一番大切ですよね。

「年齢関係なく好きなことをすればいい」といった口コミも。

このように、ご自身の考えを大切にされている方が多く見受けられました。

周りの評価も大事ですが、オシャレくらい好きにしたいですね。

家族から好評だった、という方も。

「若くなった!」身内からの嬉しいひとこと。

インナーカラーを入れるだけで、やっぱり見た目も若くなるようですね。

インナーカラー40代痛くない!おばさんに見えないポイント

インナーカラーでおばさん見えさせないポイントを具体的に解説します。

これに気をつければ、上品でオシャレな印象も簡単に作れるでしょう。

ポイントは下記の3つです。

● ダークトーン
● さり気なく見せる
● イヤリングカラー

■ダークトーン

インナーカラーは赤や青、緑などの明るいカラーをよく見かけます。

ですが初めてのチャレンジなら、落ち着いたダークトーンがおすすめ。

なぜならエレガントな中間色は、大人の女性によく似合うので。

外側の色とのコントラストも控えめで、派手になり過ぎないのも嬉しい。

原色カラーは10代・20代にゆずって上げちゃいましょう。

■さり気なく見せる

「インナーカラーを入れても、見えないと物足りないし……少し大胆に染めてみようかな?」

でもこれはNG。

広範囲のインナーカラーは痛いと思われる原因になります。

入れる範囲を狭くして、さり気なく見せるのが、上品見えのポイント。

ヘアアレンジしたときに、わかるくらいがベストです。

髪へのダメージも抑えられるので、部分的に入れるのがいいでしょう。

■イヤリングカラー

イヤリングカラーとは耳の周りにのみインナーカラーを入れることです。

髪を耳にかけたとき、イヤリングのように見える感じになります。

TPOに合わせて、隠すこともできるので、仕事もオシャレも楽しみたい大人にピッタリ。

派手すぎないため、スタイリングの丁度いいアクセントに。

チラッと見えるぐらいが大人っぽくて好印象です。

40代インナーカラーを上品に見せる髪型

最後にインナーカラーを上品に見せる髪型を、3パターンご紹介します。

40代の大人だからこそできる、お手本のような髪型をマネしちゃいましょう!

耳の後ろにインナーカラーを入れたロングスタイル。

ポニーテールのようにヘアアレンジしたときに、チラ見えするのがオシャレ。

白髪染めでもインナーカラーを楽しめるのは、嬉しいポイントです。

この投稿をInstagramで見る

 

Y∞178号(@ulakawa445)がシェアした投稿

インナーカラーを効果的に見せるショートボブ。

シンプルなショートスタイルが魅力をより一層引き立ててくれます。

ベージュ系の色は、黒髪とのコントラストがはっきりしていてキレイですね。

ミディアムウルフに明るめのインナーカラーを入れたスタイリング。

お子様の名前のカラーを選んだそうです。

インナーカラーだからこそできる遊び心がステキですね。



まとめ 40代50代がやってはいけない痛いおばさんインナーカラー

40代・50代の女性が注意すべき「やってはいけない痛いおばさんインナーカラー」をご紹介してきました。

40代・50代でインナーカラーを上手に入れるポイントは、派手なカラーはNGです。

大人の女性と相性の良いダークトーンで、また広範囲のインナーカラーは痛いと思われる原因です。

さり気なく見せる耳の周りにのみにインナーカラーを使うイヤリングカラーを考えてみると良いでしょう。

 

 

tomo
美容ライター
40代からエイジングケアを実践中。
コスメレビューやお役立ち情報をご紹介します。
よかったらシェアしてね!
目次