トヨタ・プリウスαの値引き額の相場と限度額はいくらくらい?

プリウスαの購入を考えている人は値引きをしてもらって購入すると思いますが、値引き額の相場はどのくらいなのか気になると思います。

そこで値引き相場はどのくらいなのか、そして限度額はどのくらいなのか考えてみたいと思います。

<スポンサーリンク>

トヨタ・プリウスαの値引き相場はどのくらい?

【画像】

プリウスαは2011年に登場したモデルで登場から約8年たっていますので、まもなくモデルチェンジすると噂されています。

トヨタはハイブリッドカーの値引きはあまりしないという傾向があり、プリウスαもデビュー当時は値引きがほとんどゼロという状況で、ナビなどのディーラーオプションから少し値引きをしたり、フロアマットをサービスでつけてもらったりというケースが多かったようです。

しかし、現在はデビューから8年たっていますのでさすがにそうしたことはなく、それなりに値引きはしてくれるようになり、現在の値引き相場は車両本体値引きで20万円前後が相場といわれています。

【画像】

しかし、プリウスαは今年の年末にもフルモデルチェンジするといわれていますので、これを考えると意外と強気の販売姿勢だと思います。

現行型プリウスαは旧型のプリウスと同じプラットフォームやハイブリッドシステムを使っていますので、現行型の4代目プリウスに比べると走行性能・燃費性能では劣ります。

このため、現行モデルの購入を考えている人は新型の登場を待つのもよいかもしれません。

<スポンサーリンク>

プリウスαの値引き限度額を徹底検証

【画像】

プリウスαの平均値引き額は20万円前後といわれていますが、値引き限度額はどのくらいなのか多くの人が気になると思います。

現状では25万円以上の値引きを引き出せた人はほとんどいないと思われますので、値引き限度額は25万円ということになりそうです。

3代目プリウスはモデル末期では30万円以上値引きをしていたといわれていますが、プリウスαは毎月1000台以上の販売をコンスタントに維持していますので、安売りはしないという方針だと思われます。

プリウスαの値引き限度額

プリウスαの車両値引き額の相場は15万~30万
オプション値引き額の相場は5万~40万

車種のグレードによって値引き額は大きく変わってきますが

一例として
プリウスα 2011年モデル
S tune BLACK II (5人乗り)
車両本体価格 269万円
車両値引き額30万円
オプション値引き額40万円

プリウスα 2011年モデル
G (7人乗り)
車両本体価格 317万円
車両値引き額30万円
オプション値引き額5万円

などの例があります。

【画像】

しかし、車を購入するときにはオプションを装着します。プリウスαの場合、上級モデルのカーナビ、ETC車載器、バックモニター、フロアマットなど必要最低限のオプションを装着すると40万円くらいになります。車本体とオプションを含めて35万円くらいが限度額だと思います。

なので車両の値引き額が限度の場合はこのようなオプション品の値引きの交渉をしてみるのが良いでしょう。

<スポンサーリンク>

トヨタ・プリウスα値引き額の目標額はこれ!

【画像】

最後にプリウスαの目標値引き額を考えてみたいと思います。

車本体の平均値引き額が20万円といわれていますので、目標額は25万円です。そしてオプションを含めると30万円が目標額です。

しかし、この値引きを引き出すにはいろいろ工夫が必要です。

プリウスαのライバル車と競合で値引き額を引き出す

【画像】

新車の値引きには競合車を当てるのが常套的な値引きの交渉としてあります。

プリウスαと直接競合するライバル車は、今の所、国内にはほとんど存在しません。

ハイブリッドカートしてのコンパクトミニバン
が競合車としてげられることとなります。

プリウスαと同じタイプのモデルとしては例えばホンダ・ジェイドハイブリッドがあげられますので、ジェイドの交渉もしてみて、これをぶつけてみるのもよいと思います。

しかしジェイドはあまり人気がないため、プリウスαのライバルにはならないと考えているディーラーもあります。

人気車の場合は競合が弱いのが困ったところではありますが、販売店や購入の時期によっては多少の値引きは期待できる可能性もあります

ステーションワゴンのプリウスα 競合車種は?

ステーションワゴンとしてのプリウスα 競合車種としてはホンダ シャトルがあります。

ホンダ シャトル
ハイブリッドの5人乗りでは

プリウスαは2011発売のプリウスαが
247万円~317万円。

2015年発売のシャトルが
199万円~254万円

燃費もプリウスαは26.2km/L
シャトルハイブリッドは
FF車で34.0km/L、4WD車で27.6km/Lです

このあたりでの競合は新型プリウスαの登場までは今の所いいかもしれません。

プリウスαの販売店同士で値引き金額を競わせる

【画像】

そこでおすすめなのはいろいろな販売店で見積もりをとることです。

トヨタにはトヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、カローラ店と4つの販売チャンネルがありますが運営会社はすべて異なります。

そこでこの4つの販売店で見積もりをとってよい条件を引き出すようにするのがおすすめです。

【画像】

一般的に車は注文してからディーラーがメーカーに発注しますが、

ディーラーがあらかじめ注文している在庫車や展示車を持っていることがあります。

こうした車を比較的安く購入できることもあります。

このような努力をすれば値引き目標額25万円達成できると思いますが、あまりしつこくやり過ぎるとディーラーから嫌われますので、ほどほどにやるのがよいと思います。

プリウスαを買うなら下取り予定車を買取業者に見積もり依頼する!

そのほかには、プリウスαのように値引きがあまり期待できない車種は、
下取り車をよりよい条件で買い取ってもらうということもできます。

ディーラーによっては新車の値引きがあまりできないので、買い取り業者に下取り車を相場よりも少し高めに買い取って契約してもらうということもあります。

ディラーは下取り車は新車の値引きとして処理します。
なので値引き額が限度まで行っている場合は、下取り値引きの金額はあまり期待できず、オプション品の値引きしか期待できません。

プリウスアルファに買い替え予定で下取りの車両がある場合は
買取業者に見積もりをとってみるのが絶対おすすめです。

買い取業者は下取りのクルマを買い取って整備して中古車として売るのが
ビジネスです。

なので買取業者同士の相見積もりでは下取り車の価格が高価な価格で買い取ってもらえることが
多々あります。

少なくともディラー下取り値引きよりは格段に高く買い取ってくれます。

一括買取査定のWebサイトを使えばほんの1~2分で10社ほどの買取業者に一括で見積もり依頼ができて瓶理です。

【AD】

プリウスが値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型プリウスがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

頭金さえあれば、月々のガソリン代の差額で楽に新型のプリウスが買えるのに!

そんな、あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは結局「損」今すぐ!

これは見逃せば大損でした!!(汗)