新型プリウスのビッグマイナーチェンジの時期は2018年12月に行われる!


下取りは一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので
結果的に値段が吊り上がります!

4代目プリウスと言われている新型プリウスは2015年の年末にフルモデルチェンジしました。
その、新型プリウスのビッグマイナーチェンジが3年ぶりとなる2018年12月に実施されることがわかりました。

新型プリウスがビッグマイナーチェンジといわれる所以は
大幅に変わるエクステリアデザイン(外装)として大きく3眼LEDヘッドライトでフロントの顔が変わる点、
トヨタセーフティセンスPと呼ばれる次世代の新技術の搭載などの安全部分にあります。

プリウスはどのようなクルマへと進化してゆくのでしょうか?

この記事では201年の12月と予想されている新型プリウスのビッグマイナーチェンジについて何が魅力なのかについてレポートしてみました。

<スポンサーリンク>

新型プリウスのビッグマイナーチェンジ時期は2018年12月

画像)4代目現行プリウス特別仕様車 S“Safety Plus・Two Tone” https://toyota.jp/prius/grade/?padid=ag341.jpprius_grade

約3年ぶりに大きく仕様変更が行なわれる新型プリウス
そのデザイン画像や内装、燃費そして価格など気になりますよね。

それでは、新型プリウスのビッグマイナーチェンジについて一つづつ紹介してゆきたいと思います。

新型プリウスのマイナーチェンジの時期はいつ

画像)https://toyota.jp/priusalpha/style/3d/
GRADE
S “ツーリングセレクション”
BODY COLOR
ホワイトパールクリスタルシャイン

ハイブリッドカーの代名詞ともなっているトヨタのプリウス

現行の4代目は2015年に発売されたモデルです。

そして、2年後の2017年11月に一部改良され
そしてプリウス20周年特別仕様車がラインナップに追加されました。

その後の仕様変更ではヘッドライトやフロント・リアバンパーの形状変更が変更
そして安全機能としてトヨタセーフティセンスPが標準で搭載されました。

そんな4代目プリウスのビッグマイナーチェンジと呼ばれる大きな仕様変更の時期が2018年末との情報が入りました。

2015年12月にフルモデルチェンジから、ちょうど3年経過の時期ですので期待ができそうです。

新型プリウスのビッグマイナーチェンジ予約はいつから?

geralt / Pixabay

全国のトヨタディーラーにも、待望の新型プリウスのビッグマイナーチェンジ情報が入ってきて活気づいてきています。

そしてその時期は2018年の12月ということです。

新型プリウスの予約の受付については11月末ごろから開始されると思われます。

実際の予約については、まだお披露目されていない
大きく変わるフロントの顔やデザインが発表されてからでしょうね。

今から、TVCMが待ち遠しいですね!

<スポンサーリンク>

新型プリウスビッグマイナーチェンジでデザインや燃費、機能はどう変わる

気になるのは、通常と違うビッグマイナーチェンジで新型プリウスはハイブリッドカーとしてどのように進化するのかという点です。

現行モデルと比較して新型のデザイン性、燃費、安全性や追加される新しい機能などプリウスファンなら気になるところです。

新型プリウスビッグマイナーチェンジのデザインはどうなる?

新型プリウスはプリウスPHV似? 画像)https://kakakumag.com/car/?id=10010

一番の注目は4代目プリウスから大きく変わるデザインです。

クルマの販売台数は見た目の要素が大きく影響しています。

通常マイナーチェンジによって大幅にデザインが変わるということはありませんが、
今回、注目と期待されているのは大幅なデザイン変更がある点だと言えます。

現行4代目のプリウスのデザインは不評?

4代目現行プリウスの画像)https://toyokeizai.net/articles/-/92145

4代目プリウスのデザインは賛否両論ありますが、少し不人気でした。

特にヘッドライトの形状にみられるフロントのマスクは支持が少なかったようです。

そのせいでしょうか、4代目プリウスの人気も下降気味で販売台数も下降気味だそうです。

新車は月間1万台も売れれば大ヒットといわれる中で現在、月間販台数の1万台強の4代目プリウス。

しかし、先代のプリウスの販売台数は月3万台を超えていたそうなので
今回のデザインの変更は多いに期待されていることだと思います。

新型プリウスマイナーチェンジの主なエクステリアデザイン(外装)変更は

2018ビッグマイナーチェンジのプリウスはフロントマスクがPHVに似ている?画像)https://kakakumag.com/car/?id=10010

新型プリウスのマイナーチェンジでデザインの主な変更点は以下の4点だと言われています。

  1. フロントバンパーの形状変更
  2. ヘッドライトの形状変更、現行の4代目はヘッドライトが特徴的で賛否両論ありました。
  3. リアバンパーの形状変更
  4. テールランプデザインの変更

クルマのフロントとリアに形状変更が加えられますので、不評だった4代目プリウスフロントのマスクと印象がガラリと変わりそうですね。

新型プリウスビッグマイナーチェンジでカラーを追加

プリウスαアティチュードブラックマイカ 画像)https://toyota.jp/priusalpha/style/3d/
GRADE S “ツーリングセレクション”
BODY COLOR アティチュードブラックマイカ

2018年に発売される新型プリウスのボディカラーには新色が追加される予定です。

現行のプリウスのカラーは

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン
  2. スーパーホワイト Ⅱ
  3. アティチュードブラックマイカ
  4. シルバーメタリック
  5. エモーショナルレッド
  6. グレーメタリック
  7. ダークブルーマイカメタリック
  8. サーモテクトライムグリーン
  9. スティールブロンドメタリック

の上記9色ですが、新型プリウスにはこれに加えてボディカラーに新色を追加される予定とのことです。
カラーバリエーションが増えることによって選択の幅が増えそうで嬉しいですね。

シーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を採用

シーケンシャルウィンカー画像)https://www.diylabo.jp/column/column-205-1.html

新型プリウスの2018年マイナーチェンジではテールランプデザインの変更が行なわれますが「シーケンシャルウィンカー」が採用されると考えられています。

「シーケンシャルウィンカー」は流れるウインカーとも呼ばれ2014年の改正法により、合法的にクルマへの搭載が可能になっています。

トヨタでは人気のクロスオーバーSUVのC-HR ハリアー、レクサスRX レクサスLXにもこのシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)が採用されて人気を呼んでいます。

こちらは、レクサスRXの「シーケンシャルウィンカー」の動画です。
見ての通りおしゃれで視覚的にも分かりやすいので人気です。

新型プリウスのビッグマイナーチェンジのデザインを予想

プリウスの予想CGがこちら

マイナーチェンジ後のプリウスは3眼LEDヘッドライトなどによる
エクステリアデザイン(外装)変更は人気のあったプリウスPHVに近い感じのものに大幅に変わりそうです。

今、流行のクロスオーバーSUV風のエクステリアデザイン(外装)が、プリウスにも求められていますが
こちらは、ほぼ同時期(2018年の12月頃)に発売される
新型のプリウスαで実現されそうです。

新型プリウスαは5人乗りに加えて7人乗り、そして4WDモデルも発売されるので
プリウスにするかプリウスαにするか、悩みはつきませんね、、、、

新型プリウスも新型プリウスα(アルファ)も
納車は早くても1月末頃になるでしょうからじっくりと考えるのも良いでしょう。

新型プリウスα(アルファ)2018モデルの詳細はこちら

2018新型プリウスα スパイショット画像元)http://car-report.jp/blog-entry-590.html

新型プリウスマイナーチェンジで燃費は向上する?

andreas160578 / Pixabay

さて、ハイブリッドカープリウスといえば何といっても燃費の良さですね。
新型プリウスの燃費は更に向上すうるのでしょうか。

現行の4代目トヨタ・プリウスの燃費については以下の仕様となっています。

プリウス
FF:40.8km/L、4WD:34.0km/L
プリウスPHV
FF:37.2km/L(充電電力使用時:68.2km/L)

このトヨタのハイブリッドカープリウスの驚異的な燃費の良さは
TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれるプラットフォームによってもたらされています。

今回のマイナーチェンジにおいても同じTNGAプラットフォームが採用されますので
基本4代目と同じ燃費となるはずです。

しかし、この3間の改良によりTNGAまわりのシステムが最適化によって若干改善する可能性があります。

しかし、プリウスの群を抜いた燃費の良さは魅力的ですよね!

新型プリウスの安全装備

画像)https://toyota.jp/prius/

近年のクルマの安全性はAIやIT技術を応用したものの研究開発が急ピッチで進んでいます。

新型プリウスのマイナーチェンジでは、※「トヨタ セーフティセンス(Toyota Safety Sense)」と呼ばれる上級グレードに搭載されている安全性の向上システムが
全てのグレードに標準搭載される可能性が高いと言えます。

これは、日産などのライバル車が自動運転補助や安全のためのシステムを全てのグレード搭載しているケースが多いためで
トヨタも負けてはいられないはずです。

※「トヨタ セーフティセンス(Toyota Safety Sense)」とは
トヨタの衝突回避支援パッケージとよばれるもので単眼カメラ+レーザーレーダーもしくは単眼カメラ+ミリ波レーダー
搭載により万が一事故が起きた際にも被害低減に務めるシステムのことです。

<スポンサーリンク>

新型プリウスのビッグマイナーチェンジで価格はどうなる?

nattanan23 / Pixabay

やはり、何といっても新型プリウスを欲しいと思っている人にとっての興味の的は価格(値段)ですよね。

そこで、ズバリ価格予想を

ここまで、様々な改良や仕様変更をしてきたプリウスはモデルチェンジ毎に
グレード別に12万円~20万円ほどの範囲で価格のアップをしてきました。

なのでプリウスマイナーチェンジ後の価格帯は
本体価格で2,620,000円~3,310,000円ほどになると予想されます。

実際には価格アップ分は下取りや値引きによって吸収される金額の範囲でアップしています。

しかし、もっと安くビッグマイナーチェンジの新型プリウスを買うにはディラーの下取り査定ではなく
相見積もりの査定を行うと驚くほどの下取価格が出てくることがありますので
相見積もりをとってみて損はないでしょう。

2018年12月マイナーチェンジ後プリウス価格帯の予想

E                 2,620,000円
S                 2,670,000円
S ツーリングセレクション     2,820,000円
A                 2,890,000円
A ツーリングセレクション     3,040,000円
Aプレミアム             3,220,000円
Aプレミアム ツーリングセレクション 3,310,000円

プリウスが値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型プリウスがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

頭金さえあれば、月々のガソリン代の差額で楽に新型のプリウスが買えるのに!

そんな、あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは「損」「損」「損」!

これは見逃せば大損でした!!(汗)