新型プリウスα自動ブレーキは標準装備?安全性 横滑り防止機能と運転のしやすさ


下取りは一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので
結果的に値段が吊り上がります!

最近の自動車は自動運転のシステムを先取りした自動ブレーキや、横滑り防止機能など安全性を重視した装備が搭載されている車種が多くあります。

新型プリウスαにも自動ブレーキ装置など最新型の安全装置が標準装備されます。

このような最先端の技術は上手く使えば、そして万が一、もしもの時に事故を防いで大切なドライバーや家族の命を守ってくれます。

今回は、安全なドライブに大きく役立つ

新型プリウスαに搭載された自動ブレーキや横滑り防止機能などの「安全機能」とプリウスの「運転のしやすさ」について少しふれてみたいと思います。

<スポンサーリンク>





<スポンサーリンク>

新型プリウスαは運転しやすい・運転しにくい どっち?

■画像■

まず、クルマを買う前に気になるのが、運転のしやすさですね。

特に運転経験が短い人や女性の方は運転のし易さは気になるところだと思います。

そして、クルマを買い換えるとなると、どうしても今まで乗っていたクルマになれているため、
新しいクルマの運転になれるまでには違和感を感じることも少なくはないでしょう。

クルマの運転の慣れに関しては
最近「プリウスのドライバーは運転が下手だ」というようなことが頻繁に言われるようになりました。

確かに事故を起こしているプリウスをニュースなどでたまに見かけますので、「プリウスは運転しにくいのではないか?」考える人も多いかもしれません。

しかし、プリウスは国内でも最大級の販売台数を誇ろ人気の車種です。

たまたま事故車の映像がテレビで写った場合も、たくさん販売されている車種が当たるというのは頷けます。「プリウスのドライバーは運転が下手だ」ということは決してないでしょう。

また、「プリウスは運転しにくいのではないか?」という意見がありますが、これには大きな誤解があると思います。

プリウスの運転方法の注意点

■画像■

プリウスが運転しにくいと思われる理由についてはいくつかのポイントがあります。

確かにプリウスは普通の車と異なる点がいくつかありますので、その点を注意点として押さえておけば非常に運転しやすいクルマです。

なので、以下の項目を確認してみてください。

プリウスのスピードメーターの位置

まずスピードメーターが運転席の前ではなく、助手席との間にある点で、こうしたレイアウトを採用している車は少なく戸惑いを感じる人もいると思います。

またメーターは針が動いて速度を表示するタイプではなく数字で速度を表示しますし、回転計はありません。

なので、今まで乗っていたクルマが回転計のスピードメーターで、それに慣れている人には、メーターの位置や形に少し違和感があるかもしれませんが
運転しにくいというまでのことではありません。

プリウスのシフトレバーのデザイン

そしてもう一つ、プリウスはシフトレバーが普通の車とは異なるデザインでこれに戸惑うという人もたくさんいると思います。

実際、私もそうでした。

これと同じデザインを採用しているプリウスα運転しにくいのではないか、と考える人も多いといるのではないかと思います。

また、プリウスを買った時に戸惑ったのが、シフトレバーの位置とギアを入れる方向でした。

以前に乗っていたクルマはバックは手前にシフトレバーを入れるのですがプリウスは前進方向に入れます。

慣れてしまえば前方のパネルでどこにギアが入っているかは常に目視して確認できるので問題はありません。

なので、このスピードメーターやシフトレバーは慣れてしまえば全く問題なく運転しにくいということはないと思います。

プリウスの運転のコツはこのような今まで乗っていたクルマとの違いに慣れることです。

逆にプリウスは運転の初心者にとっては最初からスピードメーターの位置やシフトレバーに違和感を感じないので非常に運転しやすいクルマといえるでしょう。

また、ハイブリッドカー(ガソリンと電気モーター切り替えで走る自動車)はガソリンエンジンのみで走るクルマと比べると身体的に感じる違和感があると思われますが、プリウスαのようなハイブリッドカーでも最近はガソリン車と同じような※ドライブフィールですので全く問題ありません。

※ドライブフィールとは
ブレーキシステム(制動力調整) や伝動装置(歯車、巻掛け、摩擦)の制御 などの分野において活用される技術の総称

<スポンサーリンク>





<スポンサーリンク>

「新型プリウスα」自動ブレーキは標準装備の安全性は?

■画像■

次にプリウスαに標準で搭載されている安全機能について見てみましょう。

プリウスαが採用している安全装備は「Toyota Safety Sense P」と呼ばれるもので、フロントのトヨタのマークの部分にミリ波レーダーとフロン後ガラス上部に単眼カメラが装着されており、この2つで車の動きを常に監視しています。

最新の画像処理技術を使ったもので運転者の運転の支援をしてくれる装置です。

このミリ波レーダーと単眼カメラは「プリクラッシュセーフティシステム」、「レーンディパーチャーアラート」、「オートマチックハイビーム」、「レーダークルーズコントロール」の4つのシステムを動かしています。

<スポンサーリンク>

新型プリウスαは自動ブレーキシステムが標準搭載

その中で安全性上非常に有効で便利なのがプリクラッシュセーフティシステムです。

前方に車や歩行者がいて、ぶつかりそうになるとアラームが鳴りブレーキを踏むように促してくれます。

またブレーキが踏まれない場合は、車が自動的にブレーキを作動させてくれます。

これがプリウスの安全性機能として確立された「自動ブレーキ機能」です。

新型プリウスαにはこの自動ブレーキシステムが標準搭載される予定です。

自動ブレーキシステム「プリクラッシュセーフティシステム」が秀逸

車を運転していると脇見やボーッとしてしまうことがないとはいえませんが、このシステムがあれば万が一の時に役に立つでしょう。

しかしだからといって前方や歩行者などに注意を怠るのは厳禁です。

このような自動ブレーキシステムはエアバックと同じように万が一の場合の運転者や人の命を守る機能と考えてください。

<スポンサーリンク>





自動で車間距離をとってくれるレーダークルーズコントロール

またレーダークルーズコントロールは時速45km以上で作動させることができます。

これは、安全性に配慮して高速道路などでの車間距離を適切にとってくれる機能です。

セットすると前方の車と一定の車間距離をとりながら走行し、前方の車速が落ちてきたり割り込みがあると速度を落と、再び前方が空いてくると再度設定した速度まで加速してくれます。

つまり、常に一定の速度で車間距離を保ってくれるドライバーにとっては便利な機能です。

また車間距離はドライバーが任意で調整することも可能です。

新型プリウスαの横滑り防止機能について

■画像■

プリウスαは「S-VSC」という横滑り防止装置が装備されています。

これもクルマを運転している時の安全性としては重要なものになります。

例えば、自動車はカーブでは遠心力が働くため運転者の意志と違った力が働き車体が横滑りを起こすことがあります。

スピードが出ていれば出ているほど、またカーブの角度が急であればあるほど遠心力が高まるため横滑りは大きくなり事故に繋がりやすくなります。

安全性を重視した横滑り防止装置とは

横滑り防止装置とは、
クルマがカーブなどで横滑りを起こした際に、車体の不安定な動きをセンサーが感知して車体を安定させるための装置です。

横滑り防止装置の制御は車体の不安定な動きを検知したセンサーから
各車輪に適切にブレーキをかけてエンジンの出力を抑えて車体を安定化させ進行方向を制御します。

横滑り防止装置はトヨタでは「VSC」、メルセデスベンツでは「ESP」、また「ESC」と呼ぶこともありますが、基本的には同じシステムです。

プリウスαに装備S-VSC横滑り防止装置

■画像■

このように横滑り防止装置が装着されている車にはいくつかセンサーが装着されており、アンダーステアやオーバーステアなど車の不安定な挙動を検知すると強制的にパワーを絞ったり、ブレーキを作動させたりして事故を防ぎます。

プリウスαに装備されているS-VSCはそれらをさらに進化させたもので、電動パワーステアリング、ABS、トラクションコントロールなどを協調させていますのでかなり安全性が高いといえます。

安全運転の技術を身に着けましょう

しかしこうした安全性機能が付いていても過信は禁物です。

VSCがブレーキを作動させてくれてもタイヤがグリップの限界を超えてしまうと、正常に機能することができなくなりますので、こうした機能のお世話になることがないように安全運転の技術は身につける必要はあります。

まとめ 新型プリウスαに搭載の安全機能について

いかがでしたか、新型プリウスαには安全性を高める様々な機能が搭載されることがわかったと思います。

しかし、これらの装置はあくまでも運転者の支援や万が一の時のためのものですので、くれぐれも安全運転に怠りのないように心がけましょう。

<スポンサーリンク>





プリウスが値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型プリウスがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

頭金さえあれば、月々のガソリン代の差額で楽に新型のプリウスが買えるのに!

そんな、あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは「損」「損」「損」!

これは見逃せば大損でした!!(汗)