新型プリウスPHVの外装と内装は旧型とどう変わった?新旧の比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

プリウスが値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。
これは見逃せば大損でした!!(汗)

トヨタが誇る次世代のプラグインハイブリッド(PHV)のプラットフォームがプリウスPHVです。

新型プリウスPHVはその走行距離・走行スピード・燃費・維持コスト面でも改善されたモデルですが、外装(エクステリアデザイン)や内装はどのように変わったのでしょうか?

新型と旧型を比較して見てゆきましょう。

<スポンサーリンク>

初代 プリウスPHVと2代目新型プリウスPHVの違いは

プラグインハイブリッドカーとは

ハイブリッドカーの代名詞といえばトヨタのプリウスですが、プリウスPHVはプラグインハイブリッドといわれているクルマです。

この、ハイブリッドカー(HV)とプラグインハイブリッド(PHV)は何が違うのでしょうか?

ハイブリッドカー(HV)のエネルギー源はガソリンで電気で動くモーターが搭載されていますが、これは燃費を良くするための補助的な役割です。
HV車は走行中にガソリンエンジンの余ったエネルギーを利用して発電しています。

ハイブリッドカー(HV)とプラグインハイブリッドカーの違いとは?

プラグインハイブリッド(PHV)はハイブリッドの機能を持ちながら
駆動用のモーターをコンセントから充電して動かせる仕組みを持った車です。

ハイブリッドカー(HV)はコンセントから充電はできませんので維持費としてガソリン代が必要です。
プラグインハイブリッド(PHV)は一定の距離であればガソリンは不要で電気だけで走ることができます。

もちろん、電池がなくなればハイブリッドカーとしてガソリンを効率よく使って走ることができます。

ハイブリッド(HV)とプラグインハイブリッド(PHV)の違いは
外部のコンセントから充電できるか否かと覚えておくと良いと思います。

初代(旧型)プリウスPHVと新型プリウスPHVの違い

初代のプリウスPHV 2009年~2016年

プラグインハイブリッドカーとして三代目プリウスをベースとした初代のプリウスPHVをトヨタが市場に投入したのが2009年。
この時点では販売ではなくリースのみで提供され2012年より市販が開始されました。

初代プリウスPHVのEV走行性能は
フル充電での継続走行距離は26.4㎞/ℓ
最高速度は時速100Kmでした。

新型プリウスPHV 2017年~

この初代プリウスPHVの機能の大幅な改良を図り実用性を高めたのが新型プリウスPHVです。

2017年に発売された新型プリウスPHVはフルモデルチェンジした4代目の新型プリウス(30系)をプラットフォームにした
プラグインハイブリッドカーです。

新型プリウスPHVはのEV走行性能は
フル充電での継続走行距離は68.2㎞/ℓ
最高速度は時速135Km

新型は大幅にEV走行の実用性の改善がなされました。

<スポンサーリンク>

 新型プリウスPHVの外装とサイズは 外装 エクステリア

 

4代目プリウスと似た新型プリウスPHVデザイン外装

前述したように、新型プリウスPHVは4代目プリウスで採用されたがTNGA新プラットフォームがベースとなっています。

なので先鋭的で未来を想像させるデザインは4代目プリウスと似ています。

こちらにデザインの比較画像を載せましたので比べてみると
初代プリウスPHVは30系といわれる3代目プリウスをベースにしたデザインで、
新型プリウスPHVは50系といわれる4代目プリウスがベースになっているのがわかると思います。

3代目プリウス(30系)

初代(旧)プリウスPHV

4代目プリウス(50系)

新型プリウスPHV

新型プリウスPHVサイズは少し大きめ

新型プリウスPHVはEV(電池による走行)距離を伸ばすため大容量の駆動用のバッテリーを搭載しています。

そのため、ボディサイズが旧型と比べて少し大きくなっています。

新型プリウスPHVのデザインが大幅に変わった理由

新型プリウスPHVの外装・デザインは旧型と比較して大幅に変わっています。

これは、ベースとなるプリウスのモデルチェンジの要素もありますが、旧型のPHVが3代目のプリウスとそっくりで
外観上は見分けがつかないという点から改良されたもののようです。

先端技術のプラグインハイブリッドカーのオーナーからすれば
デザイン的にハイブリッドカーのプリウスとの違いはデザインでも示したいはずです。

なので、新型プリウスPHVはそのベースモデルの4代目プリウスにとり斬新性をもたせたデザインとなっています。

そのエクステリアの違いをプロントとリアでみてみましょう。

新型プリウスPHVのフロントデザイン

新型プリウスPHVのフロントは燃料電池車MIRAIのユニットを採用
フロントマスクでLEDバルブのライトを8連装着しています。

こちらはトヨタの燃料電池車(EV車)MIRAIの画像

MIRAI)https://toyota.jp/mirai/showroom/

先進的で精悍なデザインを採用しひと目でプリウスとの違いをアピールしています。

また、駆動用バッテリーの大容量化からリアオーバーハングの80mm延長し
全体のデザインのバランスをとるためフロントオーバーハングも25mm延長。

そしてエアーインテークを大きく取りフロントグリル大型化して縦長の大型フォグランプ、
ドラミラーの位置もAピラーの根本に装着した全体的に伸びやかなフォルムのデザインとなっています。

新型プリウスPHVのリアデザイン

リアのデザインに関しても専用デザインとなりコンビランプやバンパーなど全てが一新されて先進的なものに変えます。

根本的にプリウスからデザインを変えて
燃料電池車(EV車)のMIRAIに近いエクステリアデザインとなっています。

テレビCMも幻想的で素晴らしい出来ですね。プリウスPHVの新しい時代を切り開く神秘的な雰囲気が良く表現できていると思います。

こちらが、プリウスPHVのCM動画です。
女優さんは人気女優の石原さとみさんです。

新型プリウスPHVのソーラーエネルギーを利用した走りをアピールした動画です。

<スポンサーリンク>

 新型プリウスPHVの内装 インテリア

新型プリウスPHVの内装とインテリアは
歴代のトヨタ車が培ってきた人の感覚に寄り添った機能配置やデザインをさらに進化させています。

やはり印象的なのは中央にある大型のディスプレイです。

11.6インチTコネクトSDナビゲーションシステム

大型のディスプレイは縦に配置されており、上にナビ画面を表示しながら
下にオーディオや空調など他の機能の2画面表示も可能です。

また、縦型ディスプレイによって画面いっぱいに地図を表示することで
進行方向の先まで広い範囲で見渡せることができて大変便利な機能です。

また情報デバイスとしての存在も一段と際立たせるために、コクピットデザインは
若干のデザインの変更がありました。

その一つがセンターやアウトレット爽香口のデザインで、
縦型のエアコンレジスターを両サイドに配置しています。

左右独立2人掛けのリアシート

左右独立2人掛けのリアシートは快適でホスピタリティー溢れるリアシートです

左右独立の座式だからこそ体が包まれる感覚やゆったりとしたパーソナル感を生み出してくれます。

大人4人が快適に靴である尽くすろける優雅な空間です。

ラゲージスペースは
大容量リチウムイオンバッテリーの配置を最適化し、必要十分な荷室容量を確保しています。

【新型プリウスPHV】車両解説 インテリア編

プリウスが値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型プリウスがほしい!

スタイルもSUV風で燃費も今まで以上となれば月々の支出も抑えられるはず!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

 

新型のプリウスならばガソリン代の支出も半分に減るのに
本体の費用を安くする方法なんて、

だぁーれも教えてくれません、、、

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

頭金さえあれば、月々のガソリン代の差額で楽に新型のプリウスが買えるのに!

 

下取りより買取!

この発想が無かった私、、、

私の9年乗ったマツダの車、
トヨタのディーラーの下取り価格では

他社からの乗り換えだから
と特別価格で下取りの
10万円でした。

値引き額の方は、この時点で新型プリウスから
10万円値引いてもらっていました…

値引きの金額としてはいい方!
「しかし、も少し安くなれば月々の支払いは楽なのですが」
とは言えなかったのです。

さて、どうしようかと思った時に

でも!

ダメもとでやった方法救われたんです!

なんと!

次にディーラーに行くまでに
ある方法で…

40万円!

も安くなったのです!

40万円ですよ!!

しかもかかった時間は1分以内

新型のプリウスを買いたい!あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

愛車の下取りが10万円ということはありませんでした。

これは見逃せば大損でした!!(汗)