プリウスα7人乗り狭い?7人乗りと5人乗りの徹底比較

下取りは一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので
結果的に値段が吊り上がります!

プリウスαご検討中の方は5人乗りと7人乗りどちらにしようか?迷っていませんか

プリウスα7人乗りと5人乗りの2種類があります。

プリウスα7人乗りも5人乗りも全長はほぼ同じで、あまり長くありませんので、7人乗りの3列目は狭いというデメリットがあります。

しかし、狭すぎて座れないと言うことはなく短時間なら問題ありませんし、小さな子供さんなら全く問題ありません。

そこでどっちにしようか悩まれている方のために7人乗りと5人乗りを価格、燃費、トランクスペース、居住性などプリウスα5人乗り7人乗りの比較を徹底調査してみたいと思います。

<スポンサーリンク>

トヨタ・プリウスα7人乗と5人乗りどっちにする?

プリウスと比べるとラゲージスペースの容量たっぷりのプリウスα 画像)https://toyota.jp/priusalpha/

トヨタのプリウスαはステーションワゴン、ならびにミニバンとしてプリウスα7人乗り・5人乗り仕様がラインナップされていますが、外観上の違いは全くありません。細かな違いはたくさんありますが、大きな違いはバッテリーです。

7人乗り仕様は、リチウムイオン電池を左右のフロントシートの間のコンソールボックスに搭載しています。

一方、5人乗り仕様は、ニッケル水素電池をトランクの下に搭載しています。燃費はどちらもJC08モードで26.2km/Lで同じです。

一昔前、リチウムイオン電池はデリケートで扱いにくいというデメリットがありました。
このためトヨタは、ハイブリッドカーで長い間ニッケル水素電池を使用していましたが、技術的に克服したと言われています。

最近のトヨタ車ハイブリッドカーの多くは、リチウムイオン電池を搭載しています。

リチウムイオン電池の最大のメリットは、車体をコンパクトにできるという点です。

ニッケル水素電池を搭載した車種においてはスペース的にフロントには搭載できないため、トランクに搭載しています。

このためニッケル水素電池を搭載したプリウスαのタイプは3列目のシートを装着できず5人乗りの仕様となっているんですね。

プリウスαの7人乗りの仕様

プリウスα7人乗り

3列目を収納してたっぷりの荷室のプリウスα7人乗り 画像)https://toyota.jp/priusalpha/

プリウスαの7人乗り仕様は2-3-2の3列シートとなっていますが、3列目シートを常に使用している人はあまりいないと思われます。

多くのオーナーが、子供さんの友人や親戚を乗せる機会が年に数回ある程度だと思われます。

このため3列目シートは通常は折りたたんでいるというケースが多いようです。

3列目シートはボタン一つで簡単に折りたたむことができます。

これを折りたたむと若干の段差はありますが、ほぼフルフラットの荷室になるのが特徴です。

3列目シートを折りたたんだ状態での荷室の広さは505L、2列目も折りたたんだ状態で1035Lとかなり広いトランクスペースが確保されています。

プリウスα5人乗りの仕様

余裕スペースのプリウスα5人乗り 画像)https://toyota.jp/priusalpha/

プリウスαの5人乗り仕様は3列目シートがありませんので、その分7人乗りに比べると若干トランクスペースは広くなっています。

トランクの広さは535L、2列目を折りたたむと1070Lのスペースになります。

5人乗りと7人乗りを比べると、若干5人乗りの方がトランクスペースは狭くなっていることが分かります。

さらに、5人乗り仕様はトランクの下に荷物を積むスペースが確保されています。

7人乗りはここに3列目シートが格納されているため、このようなスペースはありません。

7人乗りと5人乗りの価格差は

プリウスαの価格は約257~347万円となっています。

この上にGRというサスペンションを少し硬くしたスポーティグレードが設定されています。

GRは約335~356万円で、若干価格は高くなっています。

プリウスαの廉価グレードの「S”Lセレクション”」には5人乗り仕様のみが設定されています。

それ以外のすべてのグレードには7人乗り・5人乗りの両方が設定されており、価格差は約19万円です。

リチウムイオン電池はニッケル水素に比べてコストは高くなりますし、3列目のシートもそれなりにしっかりした造りですので、19万円という価格差は妥当であるか、若干割安であるといえます。

予算に問題が無ければ7人乗りを選ぶのも良いかもしれません。

<スポンサーリンク>

プリウスα5人乗り7人乗り比較調査!

 

プリウスαの運転したときのフィーリングは、7人乗りと5人乗りではほとんど変わりません。

1列目と2列目の乗り心地は全く同じですので、4~5人くらいのドライブを楽しんでいる限りは全く問題ありません。

それでは、プリウスαの7人乗りと5人乗りの詳細を比較してみてみましょう。

プリウスα7人乗り狭いといわれる理由

プリウスα7人乗りは本当には狭いのか?

プリウスα 画像)https://iketel.xyz/prius_rearsheet

プリウスα7人乗りはよくネットなどでも狭いといわれています。

プリウスα7人乗りが狭い理由は全長が短いためです。

約4.6mと5ナンバーサイズに収まっているサイズですので、プリウスα7人乗りでこのサイズは、狭いのはある意味当たり前といえます。

また最近、3列目シートを搭載しているモデルって結構たくさんありますが、プリウスαと同サイズの車も同じような狭さです。

プリウスα7人乗り狭いのは3列目シート

 

プリウスα7人乗りの全長は約4.6mとあまり長くないため、3列目のシートはかなり狭くなります。

大人が座ると、2列目シートに膝がぶつかってしまい、とにかく狭く感じると思います。
身長170cm台の人でも膝がぶつかってしまうほどですので、かなり狭いことが分かると思います。

しかし、小学生くらいの小さなお子さんなら特に問題なく乗ることはできます。

大人なら膝がぶつかってしまいますが、子供ならそうしたことはありません。
また頭上空間はしっかり確保されていますので、身長180cmくらいの大人でも余裕があります。

なので、小さい子供がいるご家庭では、クルマのサイズが同じなら、余裕を持って7人乗りを選択するのがいいかもしれません。

プリウスα7人乗り・5人乗りのメリットとデメリットのまとめ

プリウスα5人乗り7人乗り比較してみると、当然ですがプリウスα7人乗りの最大のメリットはどうしても人を乗せなければいけないときに、助かるという点です。

お子さんの友人を乗せたり、親戚を乗せたりという機会がそれなりにあるという人は7人乗りが良いかもしれません。

一方、デメリットとしては3列目シートを使うと荷物をほとんど積むことができないという点です。

このため、6~7人で乗車することが頻繁にあるという人は荷物を載せられないのでプリウスαは向いていないかもしれません。

次にプリウスα5人乗りのメリットは床がフラットであるという点と、トランクが若干広いという点です。

荷室の長さは985mmと約1mありますので、大きな荷物を積む機会が多いけれど、ミニバンはあまり好きではないという人にはオススメだと思います。

電池についてですが、5人乗りはバッテリーがニッケル水素電池で旧型ですが、性能はリチウムイオンと同じですので、特に問題ありません。

一方、プリウスα5人乗りのデメリットは最大で5人しか乗れないということです。

これについては購入するときからそれは分かっていることなので5人乗りを選択された方には特に問題はないと思います。

しかし、購入してから後悔しても遅いので、慎重に検討する必要があると思います。

<スポンサーリンク>

燃費が良くて7人乗りはプリウスαの魅力

燃費がいいのはプリウス最大の魅力

プリウスαのJC08モード燃費は26.2km/Lです。プリウスα7人乗りのようにミニバンではない7人乗りのモデルはあまりなく「ニッサン・エクストレイル」や「三菱・アウトランダー」、「ホンダ・CR-V」などのクロスオーバー型SUVがほとんどです。

例えばエクストレイルのハイブリッドの場合JC08モードで20.0km/L、アウトランダーで16.0km/L、CR-Vで15.4km/Lとなっています。

エクストレイルはハイブリッドで、それ以外はガソリンエンジンですが、これらを比べてもプリウスαはかなり低燃費だといえそうです。

プリウスαミニバンでスライドドアが無いのはちょっと不便

助手席リフトアップシート車

プリウスα S(5人乗り)
助手席リフトアップシート車“Bタイプ”(ホワイトパールクリスタルシャイン)
<オプション装着車>画像)https://newsroom.toyota.co.jp/jp/download/20174838

プリウスα7人乗り・5人乗りともにスライドドアは装着されておらず、通常のドアが装着されています。

これは若干不便で、やはりスライドドアの方が便利であることは間違いないと思います。

特に小さなお子さんがいる家庭では、スライドドアの方が便利であることは否めません。

子供さんを乗り降りさせるときに、隣に車が止まっているとドアを大きく開けることができませんが、スライドドアならこうした不便はありません。

また大きな荷物を出し入れするときにもスライドドアの方が便利です。

まとめ7人乗りで燃費の良いプリウスα

プリウスα S“ツーリングセレクション”(7人乗り)画像)https://newsroom.toyota.co.jp/jp/download/20174808

プリウスαは2011年の5月にデビューしたモデルで、すでに7年以上経っていますが、今でも古さを感じさせない魅力があります。

プラットフォームは最新式ではありませんが、衝突予防装置などは標準で装備さるなど、しっかり改良がなされています。

従来トヨタはハイブリッドカーでニッケル水素電池を使用していましたが、プリウスα7人乗りで初めてリチウムイオン電池を採用しました。

しかもコンソールボックスの下にバッテリーを搭載するという画期的なアイデアでした。

特にお子様など家族が多く頻繁に外出されるならプリウスα5人乗りと7人乗りを価格面で比較しても7人乗りがおすすめだと思います。

最新式のトヨタのプリウスに比べると若干燃費性能では劣りますが、他社の車に比べるとまだまだ燃費面では高い性能を誇っているといえます。

プリウスα7人乗り
プリウスα7人乗り 狭い
プリウスα5人乗り7人乗り比較

プリウスが値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型プリウスがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

頭金さえあれば、月々のガソリン代の差額で楽に新型のプリウスが買えるのに!

そんな、あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは結局「損」今すぐ!

これは見逃せば大損でした!!(汗)