トヨタ・プリウスαの値段・価格と維持費用おすすめのグレードを紹介

下取りは一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を競ってくれるので
結果的に値段が吊り上がります!

トヨタのハイブリッドカーであるプリウスαの値段や価格、月々の維持費用、おすすめのグレードなど基本的な点について、これからプリウスα購入を考えている人のために詳しく紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>





<スポンサーリンク>

トヨタ・プリウスαの値段と価格は

【画像】

トヨタ・プリウスαの価格・値段は257~356万円です。

同じトヨタだとミドルサイズミニバンのノアやヴォクシーと同じ価格帯のモデルです。

一般的にハイブリッドカーは高額だといわれていますが、セダンタイプのプリウスも同じような価格帯ですので特別高価なモデルとはいうわけではありません。

しかし、プリウスαは2011年に登城した比較的古いモデルで、ハイブリットユニットは最新式ではありませんので燃費の面では若干不利といえます。

 そんなプリウスαですが、エンジンは1.8リッターのガソリンエンジンにモーターが搭載されているハイブリッドのみ、駆動方式も2WDのみで4WDの設定はありません。

そして7種類のグレードが用意されており、2列シートの5人乗り、3列シートの7人乗り、装備品の違いで価格が異なります。

【画像】

また最近の車には衝突防止装置が標準で装備されるようになってきましたが、プリウスαにも一部のグレードを除いて標準装備されています。

<衝突防止装置が標準装備のグレードは>

ちなみに7人乗りは5人乗りに比べて21万円の割高となりますが、これはバッテリーの種類が異なるためです。

5人乗りはトランクの下部にニッケル水素バッテリーが装着され、7人乗りはフロントのコンソールボックスの下部によりコンパクトなリチウムイオンバッテリーを装着しています。

<スポンサーリンク>





<スポンサーリンク>

プリウスαの月々の維持費用はどのくらいかかる?

【画像】

プリウスαなどのハイブリッドカーは一般的に低燃費だといわれていますが、この点がどうなのか考えてみたいと思います。

プリウスαのJC08モードの燃費はリッターあたり26.2kmとかなりの低燃費です。

ちなみにプリウスαと同じタイプでホンダ・ジェイドというモデルがありますが、こちらはリッターあたり24.2kmですのでプリウスαはかなりの低燃費車といえます。

そんなプリウスαですが、実燃費は一般道ではリッターあたり17~18km、高速道路では約20kmといわれています。

1ヶ月に1000km走行すると考えると、50~60リットルのガソリンを消費することになります。

【画像】

最近の燃料価格はレギュラーで1リットル約150円ですので、7500~9000円くらいのガソリンを消費することになりそうです。

ちなみにトヨタのミドルサイズミニバンのヴォクシーの2リッターガソリンエンジンモデルの燃費はJC08モードでリッターあたり16kmですが、実燃費はリッターあたり10kmくらいだといわれています。

この場合、1ヶ月で15000円くらいの燃料代が必要になってきますので、やはりハイブリッドカーは月々の維持費用は安いといえると思います。

<スポンサーリンク>





<スポンサーリンク>

プリウスαのおすすめのグレードを紹介

【画像】

プリウスαはエンジンは1種類で駆動方式も2WDですので、装備の差と5人乗り・7人乗りの違いがグレードの違いになります。

そこで是非装着しておいた方がよいと思われる装備を考えてみると、LEDヘッドライトと本革巻きステアリングホイールが考えられます。

ヘッドライトにはハロゲン、HID、LEDの3種類がありますが、LEDが最も明るく、これになれてしまうとハロゲンは暗く感じます。

明るい方が安全ですのでLEDの方が安全です。

またステアリングホイールはウレタン製でも問題ありませんが、本革巻きは質感がよいので運転していて心地よいと思います。

【画像】

これらが標準で装備されているのは「Sツーリングセレクション」です。

価格は5人乗りが302万円、7人乗りが323万円です。

このグレードには17インチのホイールも装着されていてスポーティに見えるのでおすすめだと思います。

そのほかには特別仕様の「SツーリングセレクションGR・SPORT」というグレードもあります。

これは5人乗りで336万円、7人乗りで356万円と高価ですが、シャーシーとサスペンションが強化されており、18インチホイールも装着されているので通常のグレードよりもスポーティな走りを楽しめるのが特徴です。

プリウスが値引き金額限界から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

新型プリウスがほしい!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしいけど新車は本体けっこう高いっ…」
  • 「頭金も無いし…」
  • 「ボーナス払いも…なし…」
  • 「値引き交渉ってムリ…」
  • 「そもそも対人恐怖症」
  • 「ディーラーを幾つも回るのも…いや」
  • 「ディーラーってしつこいし…」
  • 「最安値じゃないと納得できない」

などなど、悩みは尽きませんでした…

家族に相談しても、
「今ので十分でしょ」
と相手にしてもらえませんし、、、、

頭金さえあれば、月々のガソリン代の差額で楽に新型のプリウスが買えるのに!

そんな、あなたにピッタリの裏ワザを教えちゃいます!!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使う
今までなぜ、思いつかなかった、、、、

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

車の査定、後回しは結局「損」今すぐ!

これは見逃せば大損でした!!(汗)