60代何を着ていいかわからない!お手本と避けたい60代痛いファッション

60代何を着ていいかわからない

<本サイトは記事内にPRが含まれています>

  • 60代何を着ていいかわからない
  • 60代痛いファッションとは
  • 60代お手本ファッション

60代を迎えた女性は、「いつも無難な着こなしに落ち着いてしまう」といったお悩みもありますが、好きなスタイルや好みの色、似合う服の形など「自分の着こなし」が確立してくることもあります。

今回は、60代女性がミセス、シニアとなってますます輝くコーディネートを実例とともにご紹介します。60代のコーディネートのポイントは、リラックスできる着こなしもいいですが、気持ちがピシッと引き締まるような潔いスタイリングにも身を包むことが大切です。

「若い頃に戻りたい」ではなく、歳を重ねた美しさを引き立てる着こなしにアップデートすることが大切です。



目次

【60代何を着ていいかわからない】

60代になると、自分の好きなスタイルが確立している方が多いと思います。

一方で、「今まで似合っていた服が似合わなくなってしまった」という悩みも。60代は、40代、50代の時に比べると、体型や顔の印象が変わってくるため、今現在の自分に似合う服を探すタイミングとも言えます。

また、何を着ていいかわからないため、無難な服ばかり買ってしまったり、逆に今まで着たことがないような色柄物を選んでみたり。ファッション迷子に陥るケースが多いようです。

60代のファッションセンスが高く、おしゃれな女性達は、皆さん、自分を若く見せようと努力するのではなく、今の自分に似合う服を上手に選んでいらっしゃいます。

それは、色選びやシルエットの選び方、小物使いなどに現れます。

歳を重ねた自分にマイナスのイメージをもつのではなく、今の自分をより良く見せてくれる服に更新していくという感覚が大切なんですね。

ですから、新しい自分を見つける気持ちで、ぜひ、新しいファッションを取り入れてみてください。

【60代何を着ていいかわからない】服選びのポイント

<還暦や定年を迎える60代になれば体型やライフスタイルが変わってきますので選ぶべきシルエットやデザインのポイントも今までと変化します。外出などのシーンも限られてくるのでシーンに合わせたアイテムの選び方も重要になります。>
では、年齢を重ねた女性をより素敵に見せてくれる服選びのポイントを見ていきましょう。

イメージを伝えられる画像があればお願いします。

・ベースカラーは淡い色よりも濃い色を選ぶ

この投稿をInstagramで見る

 

石橋 洋子(@yoko_bashi)がシェアした投稿

白や薄いピンク、薄い水色といった淡色は可愛らしいのですが、どうしても輪郭がぼやけてしまいます。

一方、黒、ネイビー、カーキといった濃い色を選ぶと、全体的に引き締まった印象に。

全身濃い色でなくてもかまいませんが、上下どちらか一方だけでも濃色を合わせると、スタイルアップに繋がります。

暖色系がお好みの方には、オレンジやブラウンもおすすめ。

柔和な印象を保ちつつ、シルエットを引き締めてくれますよ。

・縦長ラインを徹底的に意識する

この投稿をInstagramで見る

 

石橋 洋子(@yoko_bashi)がシェアした投稿

個人差はありますが、60代に入るとお腹や腰回りにお肉がつきやすくなる傾向があるようです。

そんな時は「縦長ライン」を意識してみてください。

ワンピースやセットアップを着ると、上から下までストンと落ちる「Iライン」が形成されます。

上下別の服を着る時でも、同色系の色を組み合わせることで、Iラインをつくることができます。

また、上下別の服の上にロングジレやロングカーディガンをはおるだけでもOK!

このシルエットを取り入れるだけで、全体的にすっきり見えます。

・カジュアル上手を目ざす!

この投稿をInstagramで見る

 

石橋 洋子(@yoko_bashi)がシェアした投稿

60代になると「仕事を退職し、外出機会が減った」という声が多く聞かれます。

また、お出かけする場合でも、人の多い繁華街よりも自然を満喫できる場所を好むようになることも。

生活範囲が変わると、おのずと適したファッションも変わってきます。

ワンピースを着て大ぶりなアクセサリーをつけて・・・というスタイルも素敵ではありますが、ご近所で友人と会う時や、子供や孫に会う時は、華美すぎない、ナチュラルな華やかさを味方につけるのも手です。


【60代の痛いファッション】NGになるポイント

<こちらでは、60代の女性の年齢を重ねたことによる体型や肌質などの変化から痛いといわれる避けるべきNGファッションとその代替案についてご紹介します。>
一般的におすすめされているファッションも、取り入れ方によっては老けて見えたり、痛く見えてしまうことがあるので、要注意です!

60代着てはいけない服|避けるべきファッションとその理由

あわせて読みたい
60代着てはいけない服|避けるべきファッションとその理由 60代の女性がファッションを楽しむためには、自分自身をよく知り、自分に似合うスタイルを見つけることが大切です。この記事では、「60代着てはいけない服」について詳...

・色柄物を多用した派手なファッション

一般的に、年齢を重ねると顔がくすんで見えるため、華やかな色や柄を取り入れることが良しとされています。

確かに色柄物を取り入れると、明るい印象になりますが、取り入れすぎるとおばさんっぽい、派手な印象になりことも。

適度なバランスを取るためにも、柄物はシックな色で取り入れるのがおすすめです。

また、赤のようなインパクトの強い色を使う場合は、ブラウン、ベージュといった同系色でなじませると派手見えせず、エレガントに着こなせますよ。

・無難なものばかり組み合わせた超ベーシックスタイル

「何を着ていいかわからない」「似合う服がない」と悩む方に多いのが、全身黒やネイビーでまとめた無難なスタイル。

ワントーンコーデもおしゃれではありますが、大人世代がやると地味見えする可能性もあります。

そうならないために、ベーシックカラーでまとめた服には、スカーフやネックレスで華やかさをプラスしてみてください。

上半身にポイントをもってくることで、顔まわりの華やかさが増し、スタイルアップにも繋がります。

・楽さ重視のゆるゆるシルエット

ピタピタな服を着ると余計に太って見えるだめ、ゆったりとした服選びは間違いではありません。

ただし、上下共にゆったりした服を着る時は、部屋着感が出てしまうため要注意。

手抜きに見せないためにも、ブラウスやシャツなどのトップスはウエストインして着るようにしましょう。

お腹まわりがキツく感じる場合は、全部でなくてもOK!

ウエストの片側だけタックインしてみてください。

一部分だけでもウエストが見えることで、シルエットにメリハリが生まれ、グッとスタイルよく見えますよ。

60代女性のおしゃれな着こなしのコツとお手本

60代のおしゃれな女性の共通点は、派手すぎず地味すぎず、絶妙なバランスを保っていること。

主張は強くないけれど自分らしいおしゃれを楽しんでいる、そんな印象を受けます。

また、今の自分の体型を美しく見せるシルエットを研究することも大切です。

無理に若く見せようとしたり、細く見せようと頑張ると痛く見える可能性があるので、自分自身が自然体でいられる、心地よい着こなしを見つけらたら素敵ですね!

60代女性お手本ファッション

 

オーバーシャツを黒ベストで引き締めて

この投稿をInstagramで見る

 

mimi’s life(@mimi_chata1960)がシェアした投稿

ゆったりとした白シャツにワイドパンツを合わせたリラックスコーデ。

これだけだと、上半身の輪郭がぼやけてしまいがちですが、黒のベストを重ねることでパンツに繋がるIラインが完成し、リラクシーなシャツもすっきり着こなせます。

顔の近くに黒を少量入れるだけでも顔がシャープに見えるので、スタイルアップにもおすすめです。

ボーダー柄を投入した大人のモノトーンスタイル

この投稿をInstagramで見る

 

石橋 洋子(@yoko_bashi)がシェアした投稿

60代女性にも取り入れやすいボーダー柄。

ボトムやはおりを黒で統一すれば、派手見えせずすっきり着こなせます。

服をモノトーンでまとめつつ、バッグでキャメルを差すのもポイント。

さりげなく明るい色をプラスすることで、女性らしさや華やかさが加わります。

かっこいい60代コーディネート女性

トレンドのカーゴパンツをベーシックな紺ブレでよそ行きに

かっこいいポイント

この投稿をInstagramで見る

 

石橋 洋子(@yoko_bashi)がシェアした投稿


カジュアルなアイテムを品よく取り入れられるのも、おしゃれ見えのポイントです。

単体で見るとカジュアル要素の強いカーキのカーゴパンツも、紺ブレを合わせればトラッドな雰囲気に。

パンプスやかっちりとしたバッグを合わせることで、キレの良い女らしさがプラスされ、大人ならではのかっこいいスタイルが完成します。

60代 ナチュラルファッション

ベーシックなボーダー柄をブラウン合わせで優しく着こなす

この投稿をInstagramで見る

 

mimi’s life(@mimi_chata1960)がシェアした投稿

かっこよくもナチュラルにも着こなせるボーダー柄は、60代女性の強い味方。

ご近所にちょっとお出かけという時は、ブラウンのゆったりとしたパンツやスリッポンを合わせて頑張りすぎない自然な着こなしに。

軽やかなシアーカーディガンで黒を投入すれば、ほっこり見えも回避できます。

柄の面積が少なくなるため、上半身をキュッと引き締める効果も!

60代 小柄女性 ファッション

ストールや帽子で視線を上げて重心を高く!

この投稿をInstagramで見る

 

Rie Kato(@monmon0307)がシェアした投稿

年齢を重ねると、パンツやロングスカートの出番が増えますが、その時に気をつけたいのが重心の位置。

ロングボトムは重心が下がりやすく、身長をより低く見せてしまうことがあります。

そんな時は、ストールや帽子といった小物の出番。

ボリュームのあるストールやアクセントになる帽子をプラスすれば、自然に目線が上がり、身長の低さをカバーすることができます。

60代 ファッション 太めの人

Iラインを意識したブラックコーデにビビッドカラーで華やぎをプラス

この投稿をInstagramで見る

 

mimi’s life(@mimi_chata1960)がシェアした投稿

年齢を重ね全体的に丸みを帯びてきたという方は、黒やネイビーといった引き締めカラーを活用しましょう。

上下で色を合わせて縦長シルエットをつくれば、全身すっきりとした印象になります。

さらに、ビビッドカラーのインナーをレイヤードすることで、シャープさを保ちつつ、顔まわりの華やかさをアップ。

明るく、アクティブな雰囲気に仕上がります。

60代服はどこで買う?

60代におすすめのショップ

  • ベルーナはミセス層向けで、トレンドを取り入れた低価格のおしゃれな服が特徴
  • ドゥクラッセは動きやすくスタイリッシュな服が豊富で、品質が良い
  • ニッセンは商品数が豊富でリーズナブル、60代以上向けのカタログも用意
  • セシールはベーシックなデザインが多く、自己診断で似合うものを知ることができる
  • 京都通販は40〜80代向けで、落ち着いた風合いや色彩の商品が魅力
  • ベルメゾンはプチプラで可愛らしい服が豊富で、機能性も良い
  • サマンサモスモスはナチュラルなテイストが好きな方にぴったりのブランドで、締め付けの少ないシルエットが特徴

60代服どこで買う?悩み解消 おしゃれなファッションブランド&通販7選

あわせて読みたい
60代服どこで買う?悩み解消 おしゃれなファッションブランド&通販7選 1. 60代服はどこで買う? 2. 60代女性がファッション通販で失敗しないコツ 3. 60代におすすめのファッションブランド7選 「60代にぴったりの服は、どこで買えばいいの?...

まとめ

「60歳を超えたことによる身体的な変化やライフスタイルの変化に伴い、自分に合った服装選びがますます大切になっています。年齢を重ねることによって、身体的な変化や活動レベルの変化などが生じますので、これに応じた服装を選ぶことが大切です。

60歳以上の方にとってもファッションは楽しむものです。自分に合った服装を選ぶことで、自分自身を輝かせることができます。自分好みのスタイルに合わせて、服装選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。



よかったらシェアしてね!
目次